犬の病気と食事の関連性

犬の病気と食事は関係ある?

犬の病気にも様々な種類がありますが、外的要因のみが病気の原因とは限りません。
例えば、誤った食事習慣が原因の場合も存在します。
今回は、そうした犬の病気と食事の関連性についてご紹介したいと思います。

愛犬が健康でいるには食事が重要

どのような病気がある?

食事によって起こる可能性のある病気には、心臓病やガン、糖尿病などがあります。
これらに共通するのは、肥満が原因であるとされており、家族同然の扱いを
受けるようになったことの影響とでも言うべきでしょう。

ご存じかとは思いますが、これらの病気は偏った食事がその根幹にありますから、
その原因の特定は比較的容易であると言えます。

犬を飼っている家庭にはよくあることですが、
食べ残しを「もったいないから」と言ってあげるケースがよくみられます。

これがある程度、カロリーなどを計算されている場合は別として
大半の場合には余分な栄養となってしまいます。

そのため、結果として肥満になってしまうという事ですね!
昔はともかく、今ではそうした肥満の犬をよく見かけるようになりました。

肥満になると将来的に重い病気にかかってしまう事が多いので、
可愛がり過ぎには注意してくださいね!

まとめ

まとめとしては、肥満になると重い病気にかかる可能性が高くなることと、
その原因の一つには家族同然に可愛がるようになったことが挙げられるという事でした。

可愛がることは大事なことですし、愛犬なのですから当然です。
しかし、可愛がり過ぎて最終的に愛犬が苦しむような姿は見たくありませんよね?

特に人間と違い、運動も限られてくるのですから健康管理を
してあげる必要はあるでしょう。

その犬に合った適量を早いうちから見つけておくことや、
間食はほどほどがいいという事です。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>