歯周病から副鼻腔炎

先日、朝の散歩中、ふと愛犬の顔を見ると、「ん?なんか変」左目がいつもより小さいのです。
よく見ると、眼というよりも左のほほのあたりがはれているので、眼が小さく見えているとわかりました。
「虫にでもさされたかな?」と思いつつ、散歩を済ませ、朝ごはん。

いつもどおり、食欲旺盛ですが、顔のはれはさっきよりひどくなってきているようです。
これは、ちょっと変かな、少なくとも虫さされではなさそう、と思いすぐに、獣医さんへ。

とにかく、獣医さんが苦手な我が家の犬(あんまり、得意な犬もいないとは思いますが)
待っている間中、うろうろ、クンクン、後から来る人にはワンワンほえまくり、シニア犬(12歳)の落ち着きゼロ。
普段は人に対して吠えるということがないのに、いつもながら、すごいギャップ。それでも、ようやく診察へ。

獣医さんは犬の口の中を見て、「歯石の隙間から膿が鼻の方へまわって、副鼻腔炎の状態ですね。」とのこと。
たしかに、4年前に一度歯石除去をしたにもかかわらず、また奥歯には歯石がびっしりついていました。
4年前の反省から、毎日、歯磨きペーパーを使って拭いていたのに。

そういえば、2,3日前にお散歩仲間から、近所のワンちゃんがくしゃみが止まらなくなって、
獣医さんに行ったら、歯ぐきの膿が鼻にまわってるっていわれたそうよ、という話を聞いたばかりだったことを思い出しました。
まさか、こんなにすぐに同じことが起こるとは。

「熱もないので、とりあえず、抗生物質を飲ませて、様子を見ましょう。それで、はれが収まれば大丈夫です。
ただ、膿がたまりすぎると、皮膚に穴があいて、膿がでてくることがあります。本人は膿が出ちゃうので、楽にはなるんですけど、
消毒しないといけないので、もし、そうなったら、すぐに連れてきてください。」と言われ、
1週間分の抗生物質を処方されて、帰りました。

幸い、ヨーグルトにかけた抗生物質を全然嫌がらずに飲んでくれて、1週間で全快しました。
歯石はそのままなので、「再発の可能性はあります」と言われています。歯石除去は全身麻酔なので、リスクをともないます。
対症療法で乗り切るか、結論はでていません。

頑固な両親をも虜にしたチワワ

私の実家では両親が犬は死んだ時が悲しいから絶対に飼ってはいけない!というのが昔からの口癖でした。
しかし兄の奥さんがチワワと共に実家に越してきて以来2人ともすっかりメロメロです。
10歳近くのオス犬なのですが賢くてとても人懐っこいです。

会ったばかりの人にでも慣れてくると膝の上に乗っていくのでみんなすぐに好きになります。
チワワは小さいし愛らしい見た目でとても可愛いですがよく吠えてうるさいイメージもありました。
が、うちのチワワでその考えは一掃されました。

凄いスピードで家の中を駆け回りますが、危害を加えられない限りあまり吠えないので飼っている側としてもとても楽です。
きっと義理姉の教育が良かったのだと思います。
今では加減の知らない甥っ子に叩かれたり追いかけられたり少し可哀相だと思う時もありますが、
上手に距離を置きながらあまり近寄らないように警戒しているのも見ていて面白いです。

よく兄夫婦が出かける時に置いて行かれると思うのかカバンの中に入り込んでじっと待っている時があります。
結局その努力報われず置いて行かれるのですがその行動自体がわが家をどれだけ和ませているか。
友人の犬は庭で鎖を外しただけで一目散に逃げ出していったのを見ているだけに、
うちのチワワは小心者なのか自由になっても少し私達の先を歩く位で私達の見えないところまで一人で行くことはありません。

いつも後ろを気にして私達が追いつくのを確認しながら進んでいきます。
ただ寒い時期になると散歩に行きたくないのでしっぽをお腹に入れ行きたくないオーラを放ち全く動かなくなるので
いつも抱っこして強制散歩です。人間と同じだなと思いつい微笑んでしまいます。
今ではすっかり大切な家族の一員です。

この犬種の特徴はお泳ぐのが大好きなので、私のスイミング練習の救助犬として活躍しています。
私は、海で泳ぐ競技をやっていますが、練習はいつも黒ラブのアレックスと一緒に海に行き、泳ぎ始めます。
最初はアレックスも泳ぐのが楽しいのかついて来ますが、そのうちに飽きて浜に上がって散策しながら、
砂浜で私が泳いでいるのをチラチラと見ているようです。

海で一人で泳いでいると、足がつったり、飽きてプカプカ浮いているだけの時もあります。
そんなときは異常を感じるのか、急いで波に突進して犬かきで近寄ってきます。
私の近くまで来て、犬かきでパンチを浴びせて、無事を確認するとまた彼は浜に戻ります。
私もそのまま浜に戻るときは、アレックスの尻尾をつかんで犬かきで連れて行ってもらいます。

泳ぐ場所は浜から20mぐらい離れた、水深4mぐらいのところ。私は彼が泳いでくるを見ると、水中に潜って隠れます。
すると黒ラブのアレックスはキョロキョロしながら水中まで探しに来ます。
黒ラブは潜水も難なくこなします。獣医の先生からは潜水は耳に水が入るのでオススメしませんと聞いていましたが、
当の本人はそんなことは気にせず、泳ぎ、潜ります。海で泳ぐのは私も彼も楽しいようで、
土日の海までの散歩2時間、水泳1時間が楽しくてしようがないようです。

海から上がり、また2時間散歩しながら家に戻るときは、疲れたのか行きは直立していた黒くて太い尻尾が、
だらんと下がって心地好さそう。私も疲れて一緒に歩いています。
犬の散歩ではなく友達と一緒に歩いている感じです。ここ数年の夏は、こんな感じでアレックスと海に通っています。

我が家の愛犬ピーちゃんについて

我が家では現在ピーちゃんという犬を飼っています。ピーちゃんはブリトニーとダルメシアンの雑種です。
ピーちゃんは僕が小さい頃に知り合いの家で生まれたのを引き取ったもので、現在9歳です。
今回はピーちゃんの小さい頃の様子を描いていきたいと思います。

ピーちゃんは小さいころからまったく人見知りをしない犬でした。
うちにいた猫ミーちゃんとよくじゃれあっていました。またピーちゃんはとても活発でよく家じゅうを走り回っていました。
ピーちゃんが小さかったときは愛・地球博という万博が、地元・愛知県で開かれていました。

僕はよく家族で愛・地球博に出かけていました。ある日、僕達が愛・地球博から帰ると家の中がめちゃくちゃに荒らされていました。
最初は泥棒に入られたと思いましたが、家の中をよく見るとピーちゃんの周りにちぎられた紙などが散乱していました。
これはどういうことでしょう・これはピーちゃんが家ではしゃぎ回って荒らしていたのです。

僕たちはピーちゃんをしかりました。またピーちゃんは猫のミーちゃんとよく協力して食べ物をとっていきました。
特に肉や魚などを取っていかれるので晩飯の肉が無くなるという日もありました。
またピーちゃんは賢くやさしい犬でした。

あるひ父親がピーちゃんにお手とおかわり、お座りを覚えさせようとしました。
最初はできなかったピーちゃんですがなんと3日で3つの芸を覚えてしまったのです。
これには家族もびっくりしました。また、ある日ピーちゃんが家から脱走するという事件が起きました。

僕は一生懸命近くの山をさがしました。するとピーちゃんが獣道から走ってこちらにきました。
しかし、口に何かを加えています。何だろうと思って見ていると、ピーちゃんがしっぽを振りながら”それ”を私の前に置きました。
それは野ネズミでした。これにはさすがに困りましたがピーちゃんのやさしさを感じる出来事でした。

幼少期のピーちゃんについて書けることはこれくらいですが、機会があれば今のピーちゃんについてもかきたいと思います。

家族が2泊3日の旅行に出かけるために、愛犬のお世話を友人に頼んだ時のことです。
隣の奥さんは我が家の犬が好きで、よく散歩に連れて行ってくださいます。この旅行中にも行ってくださっていたようです。

その散歩の途中で、向かいから真っ白な犬がお散歩しながらこちらに近づいてきたそうです。すると、何が起こったのか、お隣の奥さんの手からリードが離れてしまい、我が家の愛犬は真っ白な犬にまっしぐら!
真っ白な犬はお腹を出して降参しているのに、我が家の愛犬はその犬のお腹を噛んだそうです!

相手の方も犬好きで、犬同士のことですからね~と快く許してくださったそうです。
そして、また次の日、今度は犬のお世話をお願いしていた友人が散歩に行ってくれたそうです。
そして、犬の糞の処理をしていた時にまた、例の白い犬がお散歩できたそうです。

うちの愛犬は興奮し、友人の手をすり抜け、またまた白い犬にまっしぐら!
さすがに2回目ともなると相手の飼い主は白い犬を抱え上げたそうです。
それでもうちの愛犬は負けじとジャンプして、今度は相手の飼い主さんの腕を噛んでしまいました。

すぐに処置をし、その場はすんだのですが、犬の訓練所に相談したところ、今までそんなことをしなかった犬でも、
環境の変化で急に強気になり、噛むことがあるそうなんです。
簡単な一日の訓練で治るということですが…

飼い主が留守をしている間にちやほやされて、調子に乗ったのでしょうか。
犬を噛むことも人を噛むこともない愛嬌しかない愛犬の行動にただただ動揺するばかりでした。
飼い主としては簡単な訓練を受けて、今後周りに迷惑をかけないようにしたいものです。

一度人を噛んだから保健所にという話をよく聞きますが、簡単な訓練でその子も治るかもしれません。
殺処分を決定する前にぜひ、訓練を検討してみてほしいと思いました。

トイプードルをブリーダーから購入するなら!

プードルの中で一番小さなタイプが“トイプードル”です。
明るく、とても賢いので、サーカスなどでも活躍しています。警察犬として働いているトイプードルもいます。
トイプードルは毛が抜けにくいこと、体臭も少ないことが人気の理由です。トリミングに連れて行って、
好きなカットにすることもできますし、一緒におしゃれが楽しめるところも良いですよね。

ただトイプードルを購入するといっても、どこに気をつければいいか分からない!なんていうことも多いのではないでしょうか。
今回は、トイプードルをブリーダーから購入するポイントをご紹介させていただきます。

ポイント1:男の子と女の子の違い・特徴

トイプードルは比較的、体が小さいほうが好まれます。一般的に、体が小さいことが多いのは女の子です。
女の子の難点は半年に1回生理が来ることです。生理中はトイプードルの可愛い部分である鼻の色が変わってしまうことがあります
色が薄くなることが多いようです。

生理が終われば元に戻りますが、中には鼻の色の退色が気になるという飼い主さんもいらっしゃいます。
また食欲が落ちるので、ペットフードを食べないことがあったりします。
また、女の子のほうが男のより数万円程高いことが多いです
男の子は、生理が無い代わりにマーキングをすることが多いです。

マーキングはあなたのしつけ次第で変わります。成犬になると、女の子の犬が近くにいるとき、落ち着きが無くなることがあります。
去勢、避妊を考えているのであれば、欲しいと思ったときにめぐり合った子がどちらの性別であっても問題ないです。
「ピン!」来る子なんてよく言いますが、一目惚れといった選び方も運命的で素敵ではないでしょうか。

ポイント2:毛色の違い

トイプードルには様々な毛色があります。一番人気があるのは、レッド、アプリコット、クリームでしょうか。
レッドはリラックマのような色をしています。アプリコット、クリームは、どちらかというとシロクマのような感じでしょうか。
毛色の種類はアプリコット、レッド、ブラウン、ブルー、シルバー、ブラック、ホワイト、クリームなどです。
トイプードルの毛色は遺伝的に決まり、両親、祖父母の毛色が関係しています。
生まれたときは濃い色であることが多いトイプードルですが、成長と共に変わります。

特にアプリコット、ホワイトなどは、年齢を重ねるにつれて色の薄くなっていくことが多いです。
色の変化も可愛いので、またブリーダーであっても、退色するかどうかというのは判断が難しいそうです。

ポイント3:おうちに迎える時期

生後3ヶ月以上~6ヶ月未満の子犬は、新しい環境に慣れるのが比較的に早いといわれています。
トイプードルは犬の中でも特に賢いので、数週間でおうちに馴染めるでしょう。
また2回目のワクチンが終わっているトイプードルは比較的、風邪をひきにくいので、
初めて犬を飼うという方でも飼いやすいのではないでしょうか。
中には3回目のワクチンが終わってからでないと引渡ししないブリーダーさんもいますので、注意が必要です。
引渡し時期はブリーダーさんとしっかり相談されることをおすすめします。

ポイント4:体の大きさ

プードルと言えば、圧倒的に“トイプードル”を見る事が多いのですが、様々な大きさのプードルがいます。
現在、JKC(ジャパンケンネルクラブ)には3種類のプードルが認定されています。
プードルはより小さいものが人気とされていて、未熟児でもブリーダーさんが販売していることが多々あります。
あまりにも小さいと、風邪をひきやすかったり、体が弱いこともありますので、注意しましょう。

トイプードルの大きさ(*生後1歳を過ぎた時点)
・体高 28㎝ 以下(26cm が望ましい)
・体重  3㎏ 前後
・お座りした時の頭までの高さ 38㎝

ティーカッププードル(登録ではトイに含まれる)の大きさ
・体高 25㎝ 以下
・体重  2㎏ 以下
・お座りした時の頭までの高さ 28㎝

ポイント5:性格の違い

トイプードルにもそれぞれ性格があります。
一般的にホワイト・シルバー系の毛色のトイプードルは生真面目な性格であることが多いと言われています。
レッド・アプリコット系の毛色のトイプードルは明るくやんちゃであることが多いようです。

ブラック・ブラウン系は穏やかで人見知りが多いとも言われています。毛色で性格が決まるわけではありません。
一概には言えませんが参考にされてはいかがでしょうか。
もちろんトイプードルにも個々の個性化があります。何度か会ってみて、
性格の合うトイプードルを選ばれることをおすすめします。

さて、今回ご紹介したトイプードルをブリーダーから購入するポイント、いかがでしたか?
どんなトイプードルと出会えるのか今から楽しみ!と思っていただけると、嬉しいです。
可愛いトイプードルと楽しい生活を送ってください!

まとめ

【5つの注意点】トイプードルをブリーダーから購入するなら!

ポイント1:男の子と女の子の違い・特徴
ポイント2:毛色の違い
ポイント3:おうちに迎える時期
ポイント4:体の大きさ
ポイント5:性格の違い